読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランカウイ日記

いろいろありランカウイにも居を構えることになり数年。ランカウイ日記を書いていきます。

ランカウイ日記 43 ラマダン

 

マレーシアはイスラム教の国なので、ラダマン(ラマダーンとも)があります。ラマダンの期間、日の出から日没までムスリムは断食をします。ラマダンの宗教的意味合いについてはネット等でもたくさんの記載があるのでそちらにお任せし、ランカウイへの旅行者への現実的な影響について書きます。

 

ムスリムは断食を強要されることはありませんが、ムスリムを相手とするレストラン、例えば現地のマレー人向け、あるいはアラブ人旅行者むけのアラブ料理屋などは、日没まで店が閉まっています。トリップアドヴァイザー等で「ローカルな味を味わうならここ!」というような記載がある店はほぼ間違いなく閉まっています。それどころか、ラマダンの間は終日閉める店も多いようです。中華料理屋や、おもにチェナンストリートの観光客向けのカフェ、ホテル内のレストランはおおむね普通どおり(夜の開店時間が遅くなるなどの変更があるかもしれません)。つまり、旅行者は公共の場で飲食をおこなっても良いということです。いや、あたりまえだろ、とお思いになるかもしれませんが、サウジアラビアのような厳格なイスラム国家ではそれすら許されないそうです(実際にそうだと現地に住む人から聞きました)。マレーシアでも、例えば学校等で非ムスリムの生徒が昼食時に、ムスリムの生徒の見えない別室に移って食事をとるべきかどうか? という議論がなされることもありますが、ランカウイはツーリズムでなりたっている島なので、空いている店が少ないという点を除けば、ほぼ通常通りの生活ができます。僕自身は、朝からなにも食べていないマレー人スタッフに食事をサーブしてもらうのはやはり気がひけるので、あまり昼は外では食事はとりませんが、サービス業についている親しいムスリムに聞くと、まぁ、仕事だし慣れてるよとは言ってくれます。24時間営業が売りのTamato Nasi Candarですらラマダン中は朝の6時から昼の12時まで閉店します。

 

その代わりラマダンマーケットというナイトマーケットのラマダン版が開催されます*1。空港近くとクアです。ラマダン中にしか作られない料理も買うことができ、面白いようです。

 

ムスリムは日が沈むと、やっと食事が出来るのでタクシーの運転手は家に帰ります。というわけで、日没後から数時間はタクシーが非常につかまりにくいです。それから、ラマダン中に限らず金曜日は安息日で集団礼拝が行われ、走っているタクシーが少ないのですが*2ラマダン中はこの礼拝が大がかりになるため、より少ない数になります。どうしてもこの時間帯に移動しなければならない場合は、あらかじめ手配しておきましょう。

 

2015年のラマダンは6月18〜7月16日。7月17日はラマダン明けのお祝いなので、少なくとも18~19日頃までは通常とは違う営業になります。ちなみに僕の住んでいるコンドミニアムのマネジメントオフィスは17日から20日まで休業です。

 

ラマダン中は、チェナンも、空いている店も少なく、人通りも少なく、閑散としています。特に今年は少ないようです。

 

お仕事等の都合でとれる休暇がラマダン中にあたる場合は、ラマダンだからと行って滞在を諦める必要はないと思います。特に、ホテル内にレストランが併設されているような一定以上のクラス以上のホテルに滞在し、旅行者向けのレストランで夕食をとるようなスタイルの旅行の場合ほとんど影響なく滞在を楽しめるでしょう。一方、バックパッカー向けのホテルに泊まって低予算で済まそうとする場合は、特に英語メニューもないような現地の食堂で安く食事を済ませようと考えている人の場合は、日中食事をとる場所の選択肢が減りますね*3

 

 

*1:開催時間は午後4時過ぎぐらいから日没前、だいたい7時過ぎまで。日が沈んだらすぐ食べられるように家に持ち帰るんですね。聞いたところによると、マレー系の飲食店はラマダン中、午後3時以降にしか開店してはいけないそうです。もしそれ以前に開店すると宗教警察につかまるのだとか。どのみち日没前だから食べられないのに3時に店を開けられるが許されるのは、レストランはラマダン中は持ち帰りの客が大半となるから。3時から調理を初めて、4時頃から商品を並べるわけですね(惣菜屋のイメージ)

*2:とはいえ観光地なので、大半のレストランやタクシーは通常通りです

*3:チェナンのオーキッドリアの近くのレインボーロッヂがある当たりのエリアにあるバックパッカー向けのカフェはけっこう空いています。僕はそのエリアにあるKasbahが好きでよく行くのですが、原則通常通りやっているとのこと。その周辺にあるカフェもけっこう開いているようでした。