読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランカウイ日記

いろいろありランカウイにも居を構えることになり数年。ランカウイ日記を書いていきます。

ランカウイ日記 67 パック・ハッジ・ナシ・アヤム Pak Haji Nasi Ayam (2016年12月10日更新)

 

パック・ハッジ・ナシ・アヤム Pak Haji Nasi Ayam

f:id:mijinkomijinko:20151224150710j:plain

 

地球の歩き方リゾート ペナン・ランカウイ・クアラルンプール』に載っているので、紹介します。

 

チキンライスと言っても中華風の蒸し鶏が乗っているものではなく、マレー風というか、この店風の、甘辛醤油のたれがかかっている独自のもの。というわけで、中華系の客は見たことがないですが、日本人の口には合いやすい味だと思います。マレーのローカル色が極めて強い店で、英語もあまり通じないけれど、メニューがチキンライスのみなので、なんとかなります。(伝統的な海南チキンライスのお店はこちらランカウイ日記 84 Hainanese Cafe )日本と同じで、若い店員のほうが英語が通じやすいしのりがいいので、心配なかたは若い店員に声を掛けるといいかもしれません。別のところでも書きましたが、覚えておくのは"Minum(ミヌム)?"「飲み物は?」。これはどの店でも聞かれます。あとは、「チキン・ライス・ワン」でなんとか通じるでしょう(たぶん)。こまかなオーダーを試してみたいかたは、下記を。

 

 

下のメニューですが、一番上のNasi Ayamが最もシンプルなもの(上の写真)。その下のNasi Ayam TelurTelurは卵で、目玉焼きを別皿に乗せてもってきてくれます。その下Lebihは大盛りという意味。Sup KakiSupはスープ、Kakiは鶏の()という意味で、鶏の足スープ。頼んだことがないので、詳細は不明。ただ、標準で、おたまひとすくい分ぶんほどの小さなサイズの鳥の肉なし鶏スープが付いてきます。Nasi Tambahはご飯おかわり、Cill Potongは刻んだ緑の唐辛子。

f:id:mijinkomijinko:20161013214939j:plain

(こちらは2016年9月ごろに値上げした後の新メニュー)

 

 

f:id:mijinkomijinko:20151224150732j:plain

 (こちらは値上げ以前の旧メニュー)

 

ちなみにPakはおじさんというぐらいの意味で、Hajiは、ムスリムが一生に一度行くことが推奨されているメッカへの巡礼を済ませた人への呼称です。「巡礼を済ませたおっさんの鶏飯屋」ってことですね。地球の歩き方にもあるように売り切れ次第終了なので、早めに行かれるのが良いと思います。

 

f:id:mijinkomijinko:20151224150721j:plain

 

f:id:mijinkomijinko:20160410013022j:plain

 

 

f:id:mijinkomijinko:20151226200753j:plain

写真 Cill Potong(写真は他の店で出されたものです。ただ、どの店でも同じようなものが出てきます)

 

f:id:mijinkomijinko:20160410013117j:plain