読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランカウイ日記

いろいろありランカウイにも居を構えることになり数年。ランカウイ日記を書いていきます。

ランカウイ日記 86 マレーシア航空 ビジネスクラス (2017年1月29日更新) 機内・ラウンジ 関空~クアラルンプール~ランカウイ

 

「マレーシア航空 ビジネスクラス」のキーワードでお越しになる方が意外に多いので、以前「マレーシア航空」としてまとめていたエントリー内のビジネスクラスに関する記載を独立させ、加筆しここにまとめます。これまで関空〜クアラルンプールのマレーシア航空のビジネスクラスは30往復くらいは乗っているので、少しはお役に立てることを書けるかと思います。ささやかな搭乗記。関空便ですのでMH52便とMH53便が該当します。機体は、関空~KLはAirbusのA330-300です。KL~ランカウイはBoeing737-800。

 

・2016年9月に関空線もやっと座席が刷新されました。詳細はこの下記の公式サイトをご覧になってください。 (追記) 全部の機体が新座席に変更されたわけではないようで、徐々に更新されているようです。2016年11月までは旧型に当たる時がありましたが、もう刷新がおわったのかな。

 

www.malaysiaairlines.com

 

このサイト内の座席レイアウトを見てもわかるように、一人席があります。より独立性があるので、一人の搭乗の場合はおすすめです。一人席の中でも特に、左端ではなく、右端の列の一人席が広い。僕は空いていれば右の一人席に、特に好みは4K。一番前の1Kも人気なんだと思うけど、ギャレーが近いのでうるさい(作業音だけでなく、私語が非常に多いクルーなので...)のと、トイレの使用中を示すサインが見えないのが難点。それから二人がけの席についてですが、右側の列の窓側の席は狭くなっています(サイドテーブルがない)。広さだけを取れば中央の二人がけの席の方が良い。風景をとるか広さを取るか。

f:id:mijinkomijinko:20161218001359p:plain

もう一つレイアウトからわかるのは、ビジネスクラスの後部ギャレーとビシネスクラスの席の間にエコノミーが2列あるということです(上図の赤色の席)。エコノミーで乗る場合はこの2列はお勧めしません。というのも、クルーは後部ギャレーでビジネスの料理を用意してそれらをカートに乗せて前へ運んでいくので、この席の人は、それらがスーッと通過していくのを全部目の当たりにするわけです。逆に言うとビジネス最後部の席は、このエコノミーから、カーテンを隔てはするものの、すぐ後ろにエコノミーがあるので、気になる方は最後部はやめておきましょう。そしてこのことは、エコノミー席が増え(上の図の赤色16席分)、その分ビジネスが減ったことを意味します。搭乗日の融通が利かない場合は早めに予約しておかないといけないですね。

 

・シートベルトが(自動車のシートベルトのような)3点式になりました。ただ、2点式にも変化させることができ、離着陸時以外は今まで通りの2点式でよく、離着陸時には留め金を調整して3点式にするように乗務員に言われます(注意しない人もいる)。

 

・他のページでも書きましたが、日本人乗務員は11人のみ(2016年から減っていなければ)で、この人数で関空便と成田便をまわしているので、日本人乗務員が0のこともあります。そこを期待されている方は残念ですが、期待しないください。この直近の3回は日本人乗務員は誰も乗っていませんでした。日本語のアナウンスは、ないものと思ってください。ただ、前々回は、録音されたものが再生されていました。前回は、なし。定番の運用がどちらかは不明。

 

 

 (マレーシア航空全般の記事はこちら。

ランカウイ日記 36 マレーシア航空 (2016年1月22日 追記) - ランカウイ日記 )

 

赤字続きの航空会社なので他社に勝るたいした投資が出来るわけがなく、フレンドリーなサービスを除くと、あまり他社に勝る点はありません。 

  

食事

20167月、長らく代わり映えのしなかったマレーシア航空のビジネスクラスのメニューに変更が加えられました。このリニューアルは、2016年4月にロンドン便からスタートし、7月に関空便に行われ、8月から成田便に導入されたそう。

 

変更点

 

Lunch

  • 前菜が3種から選べるようになった(以前は1種しかなかった)。
  • メイン料理でパスタの選択肢が増えた。ただ、あんまり美味し..いや、なんでもない。
  • ()そばがなぜか()うどんになった。刻みオクラがのっていることもある。(追記)今回のメニューのリニューアルで、日本側のケータリング会社が変わったのが理由の一つだそう。(追記)またざるそばに戻った。直近のものにはなめこが乗っていた。

  • デザートとしてチーズ盛り合わせが選べるようになった。クラッカーはイギリスのCarrs。チーズはカマンベールとミモレット(KL~関空便ではこれにブリーが加わった。全体的にチーズのクオリティはKL~関空便の方が関空~KL便よりも高かった。仕入れ地でのコストの問題?)(追記2016年10月からチーズの盛り合わせがなくなりました。明らかにコストダウンですね。残念)Dine Anytimeという軽食が提供されるようになった。到着2時間前まで、食事の時間以外に(逆に言うと通常の食事提供時間には原則不可)いつでも注文できる1品料理(DINE ANYTIMEと呼ぶ)が何種か用意されました。他の航空会社なら当たり前のサービスがやっと。ただ実際は、6時間の飛行時間しかないので、関空~KL便では、以前の「到着前の軽食」の時間に全員一斉に提供されます(追記)クルーによるみたい。個別に聞いてくれることもある。というわけで、実質は、軽食の選択肢が増えた、というだけです。メニューを見たときは、おお、ついに変わったか、と思いましたが、サービスを受けてみると、朝三暮四な変更な気が…。KL~関空便では、個別に注文を聞いてくれます。こういう感じ↓

 

f:id:mijinkomijinko:20161218002111j:plain

 

 

(以下は2016年10月以前、サービス開始時のメニュー。その後改変(改悪)されています。)

DINE ANYTIMEのメニュー

 

Osaka—Kuala Lumpur

・Salad of Prawn and Eringi Mushrooms with French vinaigrette

・Salmon and Spinach Quiche with paprika and tomato relish

・Grilled Chicken Ciabatta with grilled zucchini and garden greens

・Seasonal Fruits

・Hagged-Dazs Ice Cream

・Selection of Cheese with crackers and accompaniments

Maple Cookies

・Potato Chips(注: プリングルズ ハーフ缶をそのまま渡してくれたり器に入れてくれたり。)

 

 

Kuala Lumpur—Osaka

・Grilled Beef Brochette with egg noodle salad

・Cream of Pumpkin Soup garnished with pumpkin seeds

・Maize Baguette filled with Cajun chicken and Cheddar

・Dim Sum Selection red bean bao, siew may and her gao with sweet chilli sauce

・Selection of Cheese with crackers and accompaniments

・Hagged-Dazs Ice Cream

・Peanut Butter and Chocolate Cookies

・Lemon and Almond Cookies

・Potato Chips

 

 

 

関空~クアラルンプール

 

食事は、一応コース仕立てででてきますが、特に美味しいというわけではありません。

 

ウエルカムドリンクはソフトドリンクのみ。他社では普通のシャンパンは無し。ムスリムの国だからか。ジュースはオレンジとパイナップルとアップル(関空→KL。KL→関空ではグアバが加わります)。

 

昼便夜便とも、サテが最初に振舞われ、僕も最初は珍しさもあって嬉しかったのですが、ちょっと飽きやすい味。しかもこれをもりもり食べると、メインコースを楽しめません。ちなみにコース中にざるそばが小皿でできますが、これはエコノミーと共通です(メニュー改変で現在は冷うどん)。ちなみに朝食のオムレツも、盛りつけがお皿になっているだけで、内容はエコノミーと共通じゃないかなぁ。ナシルマは食べないので不明。パンケーキはビジネスだけでの提供ですが、いわゆる僕たちが思い浮かべるパンケーキとは別物。味はまず…いや、なんでもないです。

 

ワインリスト

 

ドリンクは、ムスリム国家のナショナルフラッグなのに、ワインの選択は悪くない。特に僕はシャンパン(フィリポナ)を気に入っています。例えばANAなどで提供されるものと比べると安い銘柄ですが、限られた予算で良く見つけてきたなという感じ。十分美味しいと思います。食事中ずっとこれを飲んでいます。(追記)2016年の11月からDuval Leroyに変更されました。ワインリストは3ヶ月ごとに更新され、今年2017年は1月1日から変わったそう。最新の更新では、デザートワインが加わり、僕は嬉しい。

 

ちなみにマレーシア航空のファースト(関空~マレーシアではファーストクラスは無い)では、定番のドンペリ二オンです。

 

最新のリストはまた後日更新します。

 

2016年最後のリスト

 

Champagne

Duval Leroy Fleur de Champagne Premier Cru NV

 

White

Petaluma White Label Chardonnay 2013, Adelaide Hills. South Australia

Olivier Leflaive Bourgogne Chardonnay 2012, Burgundy, France

 

Red

E. Guigal Crozes-Hermitage 2010, Rhone, France

Kilikanoon Cabernet Sauvignon 2011, Clare Valley, South Australia

 

f:id:mijinkomijinko:20161218001116j:plain

 

 

 

 

 

以下は変更前 

Champagne

  • Philipponat Royale Reserve Brut NV, France

 

White Wines

  • Domaine Minet le Bois Chaud Pouilly-Fume 2014, Loire, France
  • Olivier Leflaive Bourgogne Chardonnay 2012, Burgundy, France

 

Red Wines

  • Chateau d'Arche 2009, AOC Haut-Medoc, Bordeaux, France
  • E. Guigal Crozes-Hermitage 201-, Rhone, France

 

 f:id:mijinkomijinko:20150508221342j:plain

(上写真 変更前のリスト)

 

 

f:id:mijinkomijinko:20150701183939j:plain

コースの最初に出されるサテ。配膳時に、ほぼ間違いなく"mixed?"と聞かれます。サテはチキンとビーフの2種類があるのですが、その両方か? という確認です。特に何も言わなければ、それぞれを4本ずつぐらい入れてくれますが、それだけ食べるとそのあとが苦しいので、僕は1本ずつにします。最近は飽きてしまってもう食べないことにしました。前方に映る座席は旧シートですが、サテの内容自体は変わりありません。食べなくなったので、写真が更新できません。

 

 

f:id:mijinkomijinko:20150529000150p:plain

メニューのサテの説明

 

f:id:mijinkomijinko:20160714125312j:plain

刷新後の新メニューの前菜。チキンを選択しました。パンは、2種類がくっついたもので、決して美味しいものではない。ガーリックブレッド等、このキカイダー01型(古っ)パン以外の方がおいしいと僕は思う。

 

 

f:id:mijinkomijinko:20150701183952j:plain

上 旧メニューの写真。サテの次の前菜。前菜。パンも3種類あるのですが、前述の理由で一つだけ。 

 

f:id:mijinkomijinko:20160912151624j:plain

上 新メニューからで前菜の一品のカリフラワーのスープ。アスパラガスのスープもあった。ちょこちょこ変わるみたい。

 

 

f:id:mijinkomijinko:20160714124956j:plain

上 刷新後のメインコースの一品 チキン

 

f:id:mijinkomijinko:20160803190341j:plain

上 刷新後のパスタ 

 

f:id:mijinkomijinko:20160912151625j:plain

上 刷新後のビーフ (ビーフは人気なのか品切れになることが多いので注意)

 

f:id:mijinkomijinko:20161223123814j:plain

 こちらも刷新後のビーフ

 

 

f:id:mijinkomijinko:20160503161528j:plain

上 こちらは旧メニュー。メインのうちの一品。ビーフ、すき焼き風(新メニューでもリストにあることがある模様。すくなくとも後述のChef On Callにはあります)

 

f:id:mijinkomijinko:20160522002902j:plain

 こちらは旧メニューでチキン。僕は魚を食べないので、今後も魚の写真が掲載されることはありません。すみません。

 

 

f:id:mijinkomijinko:20160613001548j:plain

旧メニューのビーフのフィレ (Fillet of Beef Tenderloin with Polenta Cake, Seasonal Vegetable and Balsamic Sauce)

 

f:id:mijinkomijinko:20160714130601j:plain

 新メニュー Dine AnytimeからGrilled Chicken Ciabatta with grilled zucchini and garden greens、プリングルズを添えて。

 

 

 

クアラルンプール~関空

 

離陸した後、水平飛行になると提供されるフルーツとサテ。ただ、深夜便なので、食べない人も多い。

 

 

f:id:mijinkomijinko:20160523024944j:plain

朝食の前菜

 

 

f:id:mijinkomijinko:20160613001552j:plain

朝食のメイン。これはオムレツ。乱気流で激しく揺れていたのと暗かったのとでぶれています。すみません。最近は朝食をとらずにずっと寝ていることが多いので、写真を取り直すことができていません。というか、昔は寝ていると必ず起こされていたのですが、最近は放置の運用にかわったのかな。

 

それからChef On Call(Experience - In-Flight Meal - Chef-on-Call | Malaysia Airlines

)というサービスがあって、これは、搭乗前(マレーシア時間で出発の24時間前まで)に十数種類あるメニューからメインコースをあらかじめ選んでおけるというサービス。以前は、ビジネスクラスのチケットをとると後日自動的にこのサービスを利用しませんかというメールが送られてきたのだけれど、いったんChef on Call自体のサービスが何の告知もなく中止となりました。その後これまた何の告知もなくしらっと再開されたのですが、メールの送信がなくなり、このサービスを希望する場合は自分で、公式サイトのin flight mealsのところからreference番号を入力し選択するスタイルになりました。メニューはpdfでもダウンロードできて、その一部がこれ。このメニューを手元に、マレーシア航空に電話して予約することも出来ます。どうもレギュラーのメニューは、このリストにあるものを適当にローテーションしている模様で、このchef on callでしか食べられないものはないようです。

f:id:mijinkomijinko:20161021130359j:plain

 

 

 

・旧シートはほぼ180度になるものの傾斜が結構残りましたが、新シートでは傾斜無しでフラットになります。

 

f:id:mijinkomijinko:20160522002954j:plain

 (旧シート)

 

関空ビジネスクラスラウンジ

 

関西国際空港で使えるラウンジは2015年に飛鳥からPacificに変更になりました。キャッセイの所をを使わせてもらっている感じですね。飛鳥にしろパシフックにしろいまひとつなラウンジです。JALのsakuraラウンジよりは一応食べものはありますが、いまいちのサンドイッチとかいなり寿司、クッキー程度。まだ飛鳥のほうが窓があり開放感があるのでましだったかなぁ…。金色やら黒色やらのクレジットカードで他のラウンジが使えるかたはそちらへどうぞ。

 

アメニティーキットなどという洒落たものがもらえるわけもなく(ここはマレーシア航空のページです)、安いホテルであるようなペラペラなスリッパが配られるぐらい。トイレ内に歯ブラシキットは置いてありますが)。

f:id:mijinkomijinko:20161121035148j:plain

写真 機内トイレはこういう感じ。手を拭く紙が、いわゆるペーパータオルではなく、普通のティッシュかと思うくらいぐらい薄く、手にくっつく。不便。

 

 

こう書くとあまりぱっとしないようですが、他社に比べ随分運賃が安いのは確かな魅力。例えばシンガポール航空ランカウイまでビジネスで飛ぶ場合と比べると3割ほど安いのです。航路が違うので単純比較は出来ないのですが、ベトナム航空よりも安いくらい。

 

 

f:id:mijinkomijinko:20160503161529j:plain

2016年の4月から、関空では、混雑した手荷物検査場を優先的に通過できるファストレーンを利用出来るパスを発行し始めました。これは便利。確かに早い。これだけでもビジネスの価値あり。

 

 

f:id:mijinkomijinko:20160107003136j:plain

ランカウイまで行く場合はもらえないのですが、クアラルンプールで出国する場合、ものすごく混んでることが多い出国手続き場で使える優先パス。機内でクアラルンプールに到着前に配ってもらえます)

 

 

クアラルンプール国際空港(KLIA)のマレーシア航空ラウンジ

 

国内線ラウンジ

 

小さいものの、一面が窓になっており、開放感があります。それなりに食べるものもあります。カットフルーツや、カレー類、注文を受けてから作ってくれる温かい汁もののヌードルも。ただ、クアラルンプールでの乗り継ぎ時間がほとんどないので、利用する機会は少ないでしょう。

 

国際線ラウンジ

 

さすがにマレーシアのラウンジ、非常に大きく、食べ物も豊富でどれもなかなか美味しいと思います。受付カウンターに向かって左側に進むとビジネスクラスのラウンジ、右側に進むとファーストクラスのラウンジです。頻繁に利用していますが、メニューがそのたびに変えられており飽きません。ビュッフェスタイルですが、カレー系とパスタ系がそれぞれ1種類、肉・魚のメインとなるものがそれぞれ1種類、フルーツ、サンドイッチ、スープ、まあ、一通りあります。また、中央カウンター左では汁ものの中華麺を、右ではコーヒー等をオーダーできます。利用したことはありませんが、仮眠室やシャワー、スパなどもあるようです。アルコールの提供が午後11時までなのが難(11時以降は、中央のコーヒーと麺類とをサーブするカウンターで、ワイン・シャンパン・ビールと種類は限られますが、11時半までは提供しているそうです)。(2016年10月からシャンパンではなく、スパークリングワインになりました。これまたコスト削減)

 

f:id:mijinkomijinko:20160522002726j:plain

f:id:mijinkomijinko:20160522002807j:plain

(21時頃まではものすごく混んでいますが、23時を超えるとこういう感じです。先日関空行きが遅延になり、その際に撮りました。) 

 

f:id:mijinkomijinko:20160522001951j:plain

f:id:mijinkomijinko:20160522002030j:plain

この日はチキンカリー 

f:id:mijinkomijinko:20160523024942j:plain

入り口から入ってすぐの左手にあるバーカウンター。23時の閉店以降に撮りました。ファーストクラスのラウンジでは席までスタッフがドリンクを運んでくれますが、ビジネスクラスのラウンジでは自分で取りに行かなくてはなりません。距離があるので、少し面倒。

  

f:id:mijinkomijinko:20160503161527j:plain

クアラルンプール国際空港のラウンジの入り口。

 

f:id:mijinkomijinko:20160503161526j:plain

ラウンジの入り口を背にして空港中心部を見る。

 

クアラルンプール~ランカウイ機内食もサテ(ただし、アルミの器に入ったもの。関空クアラルンプールのように取り分けてくれるかたちではない)。昔は、チキンパイとか選べたんだけど、いまは選択肢はサテだけ。多分経費削減が理由)。それから、温かい飲み物と、チョコレート1個。マレーシア航空は、国内線ではアルコールの提供はなし。席は多少大きいものの飛行時間も1時間だし、価値はないかなぁ。ただ、エコノミーは、時期によるけれどかなり混むのでその喧噪を避ける意味では価値はあります。

 

シートはこんな感じ

f:id:mijinkomijinko:20160912151626j:plain

 

f:id:mijinkomijinko:20160912151621j:plain

 

 

マレーシア航空 メニュー (2016年6月に大きく変更。また、搭乗時期により小さな変更があります。基本的には、上述のシェフ・オン・コールのメニューに掲載されているものが適当にローテーションされている模様)

f:id:mijinkomijinko:20160504014738j:plain

 

 

刷新後のメニュー

f:id:mijinkomijinko:20160729011527j:plain

 

f:id:mijinkomijinko:20160729011859j:plain

 

f:id:mijinkomijinko:20160729012218j:plain

f:id:mijinkomijinko:20160729012529j:plain

 

 

f:id:mijinkomijinko:20160729012908j:plain

 

f:id:mijinkomijinko:20160729013242j:plain

 

f:id:mijinkomijinko:20160729013728j:plain

 

 

 

以下は旧メニュー

 

1. Kuala Lumpur - Osaka クアラルンプール→大阪

 

離陸し水平飛行に入ったら供される軽食

・Malaysian Satay

Our Award-Winning Signature Dish

Charcoal hand grilled chicken and beef skewers, peanut sauce and traditional accompaniments

 

・Fresh Fruits

  

朝食

Starters 前菜

Health Drink

Fuits Juice

Fresh Fruits

Yoghurt

 

Main Course メイン (以下の3種から選ぶ)

 

・Malaysian Favourites

Nasi Lemak

Coconut rice, ikan bilis and prawn sambal and traditional accompaniments

 

・Mushroom Omelette

Chicken sausage, roasted garlic potato, grilled tomato and sautéed capsicum with green peas

 

・Belgian Waffles

Caramelised Banana, mixed berries compote and maple syrup

 

 

2 Osaka – Kuala Lumpur 大阪→クアラルンプール 

Lunch 昼食

 

Appetizer 前菜

 

Malaysian Satay サテ (ま、焼き鳥みたいな感じ)

Our Award-Winning Signature Dish

Charcoal hand grilled chicken and beef skewers,

peanut sauce and traditional accompaniments

 

Trio of Tandori Chicken, Crab Claw and Grilled Scallop

Apple cucumber salad and wasabi mayonnaise

 

Soba (冷たい茶そば)

Green tea noodles with traditional accompaniments

 

Main Course メイン (以下の3種から選ぶ)

1. Fillet of beef tenderloin with chasseur sauce (ビーフ)

Almond potato croquette and garden vegetables

 

2. Grilled Chicken Roll with “Gin-an” Sauce (チキン)

Steamed rice and Japanese style vegetables

 

3. Sautéed sea perch with ‘Bekko’ Sauce (魚)

Steamed rice, simmered potato and seasonal vegetables

 

Dessert デザート

Raspberry white chocolate cake with raspberry sauce

 

 

Osaka – Kuala Lumpur 大阪→クアラルンプール

 

Refreshments 軽食

Sandwich

Focaccia bun filled with prawn salad, picked cucumber and olive

 

Dessert

Fresh Fruits

Haagen-Dazs ice cream (green tea)