読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランカウイ日記

いろいろありランカウイにも居を構えることになり数年。ランカウイ日記を書いていきます。

ランカウイ日記 113 チェナンストリートのバイパス

 

f:id:mijinkomijinko:20170329200743j:plain

ランカウイ国際空港にある飾り付け LIMAのMはどこにいった? 飛んでいった?)

 

 

やっとリマが終わって静かになりました。朝から戦闘機が飛び、爆音を響かせていたのです。朝ゆっくり寝ていることは、よほど眠りが深くないと難しいでしょう。うちは空港から近いので、悲惨。それよりも憂鬱なのが渋滞。空港周辺だけではなくクアもチェナンも渋滞。まぁチェナンはこの時期に限ったことではありませんが。まとまった商談の金額は37億マレーシアリンギット2年前に比べ約80パーセントの増加、大成功に終わったようです。

f:id:mijinkomijinko:20170329200742j:plain

(ランカウイへ着陸に向かう機内からの写真。軍艦がうじゃうじゃ。)

 

 

f:id:mijinkomijinko:20170330231119j:plain

チェナンは、ペランギ側からアセアニアへ一方通行になりました(上の写真でA→B)。そして、チェナンの裏側にバイパス(C~F)(注: この地図上のC・Fはだいたいの位置で正確なものではありません)を建設してきたのですがなんとか一応LIMAに間に合わせ2017320日に開通。ほっとしたものの、なぜか夜にはその道路の入り口が封鎖。ということは、夜、パンタイテンガーから例えばレッドトマトに行こうとするとB→D→E→Aとぐるっと大きく迂回しないといけなくなるわけです。タクシーでパンタイテンガーからチェナンの各店に行かれる方は、ご注意を。おそらくはガイドブックに載っている値段とはちがう値段が請求されるはずです。チェナン通り自体は一方通行になる代わりに2車線になったのですが、そのことでスムーズに流れるようになったわけはなく、というのも、両側の路駐で実質1車線のままだから。しかもリマ後は、裏側のバイパスが完全に封鎖されました。多分LIMAに合わせた突貫工事だったので、作業を続けなくてはいけないのでしょう(2017年4月18日現在Cの地点に信号機を設置中)。

 

 

f:id:mijinkomijinko:20170329201509j:plain

(上の地図でC地点)

 

 

 

f:id:mijinkomijinko:20170329201452j:plain

(上の地図でF地点)

標識はお構い無しに地元のバイク乗りたちはバリケードの横をすり抜けて利用しているようです。Jalan Tidutupは通行止めという意味。

 

 

・最近の天気は、ざっと雨が降ることがあるけれど、そこまで長く続かず、概ね良い天気ですね。