ランカウイ日記

いろいろありランカウイにも居を構えることになり数年。ランカウイ日記を書いていきます。

ランカウイ日記 136 雑記 最新両替レート・ビザラン他

 

 

2017年9月11日

ランカウイ国際空港 Maybank両替レート

RM1=27.39YEN (円からマレーシアリンギットに交換する場合)

RM1=24.09YEN (マレーシアリンギットから円に交換する場合)

 

・マレーシア航空にちょっと飽きてしまったので、今回はシンガポール航空を利用してみました。関空2325分に出発し、シンガポールに早朝505分に到着する便。僕は今回は、シンガポールで降りて、半日ほど過ごしましたが、ランカウイにご旅行の方は、午前中にシンガポールランカウイAir Asiaの直行便があるので、午前11時発のマレーシア航空で行くよりも、前日のこのシンガポール航空便で飛べば、8時間ほど滞在時間が長く取れますね。と書いたものの、帰国便を調べると、AirAsia+シンガポール航空だとうまく組めないので、周遊なら検討の価値はあるけど、単なる往復だとやっぱりだめかぁ。

 

今回の僕のこのシンガポール航空便の旅行で計算違いだったのは、ビジネスで飛んでも、到着時はどのラウンジも使えないこと(係員には「ファーストのみです、それができるのは」と冷たく言われた)。さらに悪いことに、505分に到着する予定だった便が実際には440分に着いてしまって、友人との待ち合わせまでの数時間をどうしようか途方にくれ、というのも、さすがのチャンギ空港の多くの店は午前6時開店だから。飲食は24時間やっている店もあるのですが。結局、Pay Per Useという時間ごとに有料で使えるラウンジを発見し、昼寝ルームありとあったので、たった3時間に40シンガポールドル(約3,000円)という大金を払い、「で、昼寝ルームはどこですか」と聞いたら、「Full! Full!(いっぱい)」と言い放たれた。悲しい。

 

・僕は、一般的な人に比べれば年間、相当な回数飛行機に乗りますが、マレーシア航空の特定の便に偏っているので、他社との比較やら、他社便が絡む場合の乗り方やらの紹介ができないんです。もう7月の段階で来年のワンワールドサファイアは確定しているから、先月からはスターアライアンスの他社便を積極的に乗り始めたのですが。その点、下に紹介するかたは、ほんとうに、いろんな便を乗っていらっしゃいます。以前の記事でクアラルンプール→関空のMH52便のレポートがあったので、紹介させていただきます。

 

atakushi.hatenablog.com

 

 

・旅行者の方には関係のない話ですが、観光ビザの要件が変わり、いわゆるビザランで長期滞在している人は大騒ぎでした。実際には615日付の変更だったようですが、僕が知人らからこの話を耳にするようになったのは8月でした。

 

観光ビザでの滞在は最大3ヶ月。ただし、一旦出国し再入国すれば、原則、そこから新たに3ヶ月のビザが原則もらえる。これまではどこかの国に2日間出て、再入国すればよかったのですが、その期間が7日間に延長されました。ランカウイに居を構えていても、観光ビザで滞在している人も多く、そういった人たちは、3ヶ月に1度、主にタイ(以前紹介したリペ島も人気のビザランの場所)に旅行し、戻ってくることを繰り返しています。2日ならいいですが、7日となると、面倒でしょうねぇ。Immigration Departmentの通達によると“go out and remain outside of Malaysia for at least 7 days before returning to Malaysia”「国外に出て、戻ってくる前に最低でも7日間国外にとどまること」となったようです。