ランカウイ日記

いろいろありランカウイにも居を構えることになり数年。ランカウイ日記を書いていきます。

ランカウイ日記 146 KLIAマレーシア航空ラウンジ

クアラルンプール空港で最大のラウンジであるGolden Loungeが改修中で、その代わりのラウンジに設定されているのは、同じサテライトビルディングにあるC.I.P LoungeとメインターミナルにあるRegional Golden Lounge。

f:id:mijinkomijinko:20180117110945j:plain

f:id:mijinkomijinko:20180117111022j:plain

 

C.I.Pラウンジは非常に狭いので、時間があるのならぜひReginal Golden Loungeへ。改修前のGolden Loungeと、料理や酒やシャワーなど、概ね同じサービスが提供されています(コスト削減で提供がなくなりスパークリングで代替されていたシャンパンが復活しています)。

 

 

 

f:id:mijinkomijinko:20180116211214j:plain

 

 

f:id:mijinkomijinko:20180116211407j:plain

 

 

最新のビジネスクラスのメニューを追加しておきましたので、ご興味のある方はリンク先をご覧ください。

mijinko.hatenablog.com

 

 

 

 

 

ランカウイ日記 145 雑記

開発の続くランカウイでは様々な場所で工事が行われています。

 

マレーシア名物、罠。拡張工事中の空港にて。全部ないなら身構えられるけど、一部だけないっていうのが、悪意。夜は特に足元にご注意を。

f:id:mijinkomijinko:20180116210516j:plain

 

パンタイテンガーに建設中のパークロイヤルの写真。一応基礎はできたという感じなのかな? いずれにしても遅れていますが...。

f:id:mijinkomijinko:20180116210141j:plain

 

 

 

ランカウイ日記 144 ovn(アヴン)

 もともと、L’osteria(ロステリア)やllawa(ラワ)があった、パンタイテンガーのVilla Molek(ヴィラモレッ)内にできたレストラン。

 

オーナーが食にうるさく、あと、書いていいのかわからない、と言いながら書くけど、お金に不自由していない人なので、採算度外視でいいものを使っていることが多い。シェフも、ランカウイセントレジスでシェフをやっていた人を高給で釣って連れてきて、というわけで、パンタイチェナンやパンタイテンガーエリアではなかなか良いものを出していると思う。

f:id:mijinkomijinko:20180115040345j:plain

 和牛ステーキ

 

www.tripadvisor.jp

 

f:id:mijinkomijinko:20180115040313j:plain

 

 

ヴィラモレ敷地内に入り左側がこのovn、右側にはLobster Shack(ロブスターシャック)というシーフードを中心にした店が近日中にできる。チェナンから来ると、この看板が目印。

f:id:mijinkomijinko:20180115040439j:plain

 

ランカウイ日記 143 Arang(アラン)

Arang(アラン)

 

パンタイテンガーの、もともとFatmumがあった場所に新しくできた、グリル焼きを売りにした新しいお店Arang(アラン)。アランはマレー語で「炭火」という意味。実はホテルla paripari内にあるレストランfatCUPIDがプロデュースしているので、味が確か。例えばハンバーガーだと、ビーフパテは100パーセント手作りで、基本的にfatCUPIDで出しているものと同じだけれど、グリル焼きなのでそれに合わせて少しスパイスの配合を変えているそう。値段もそう高くなく、午後2時から深夜0時ごろまでやっているので、おすすめです。

www.tripadvisor.jp

 

 

f:id:mijinkomijinko:20180114182904j:plain

 

f:id:mijinkomijinko:20180114182833j:plain

 

ランカウイ日記 142 ランカウイ国際空港拡張工事 (2018年3月18日追記)

このところ、ずっと雨。今ランカウイにお越しの方は、お気の毒。泳がない方だと、涼しくていいとも言えますが...冷房いらずな涼しさで23度程度みたいです。

 

さて、現在ランカウイ国際空港は、昨年2017年9月から約9000万リンギット(約25億円)をかけて拡張工事を行なっています。ランカウイへの訪問者が一昨年の150万人から、300万人に増えることに対応してのものです(政府発表なので、あんまりあてにならないですが。どこのホテルも空いているようなので)。というわけで、このままだと現状の空港の処理能力を超えるので、全体的に拡張するようです。今年の8月ごろの完成を予定しているそうなので、来年の8月ごろまでかかるでしょう。もともと駐車場だった西側と、南側に空港ビルが伸びるようです。それはけっこうなことなのですが、通常の運用を行いつつ一部を閉鎖、というような器用な芸当がマレーシア当局にできるわけがなく、出発・到着の車寄せが大混乱なのです。

 

現在空港ビル内の主な機能は制限されていませんが、本来の正面出口が閉鎖されています。手荷物回転で荷物を受け取り、制限区域を出てまっすぐ進むと正面が本来の出口ですが、そこが閉鎖されています。出口は、出て左手、スターバックスの横の細い道です。その先に、タクシー乗り場等があります。ただ、今後の工事の進行状況によって変わっていくと思いますので、臨機応変に。

 

f:id:mijinkomijinko:20180114181455j:plain

到着ゲート側から見た現在の外観。

 

f:id:mijinkomijinko:20180115202745j:plain

出発ゲートに向かう仮設歩道

f:id:mijinkomijinko:20180115203816j:plain

本来なら写真左手が正面出入り口なんだけど、現在は閉鎖されています。

 

f:id:mijinkomijinko:20180115204458j:plain

 

 

このブログで何回かご紹介してるランカウイブログの紺碧さんによると、やはり、ボーディングブリッジが出来るようです。

 malayaipoh.blogspot.jp